サンマークの最新レビューならココッです

自分を動かしているのは自分自身なのだなぁ〜と大きな希望と励ましと勇気を頂きました。 遺伝子の働きについて!上記の観点から詳しく書いてあるかと期待していたのですが・・・。 さて!この本に出会えるきっかけは!「EM(有用微生物群)」との係わりがあったこそで!去る10/18(日)のEM健康セミナーに参加した時に紹介された映画で「生命の暗号」を知り取寄せて読んだ結果でした。

下記の商品です♪

2018年01月11日 ランキング上位商品↑

サンマーク生命の暗号 あなたの遺伝子が目覚めるとき (サンマーク文庫) [ 村上和雄 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

+思考がよい遺伝子をよびさますという内容です。遺伝子の不思議!心の作用が生きる方向を変える!是非 推奨してほしい一冊です。“心の時代”に新たなる息吹です。他書「気の呼吸法/藤平光一著」と共に小生のこれからの生活に大いに活用させて頂きます。ある先生の推薦で読み始めました。そんなったらいいのにな〜としみじみ感じます。。後半は著者のライフワークである!レニンの研究に関する細かい経過説明でした。「心で何をどう考えるかが遺伝子の働きに影響を及ぼし!病気になったり!健康になったりする」 というふれこみに釣られて読みました。 細胞へのスイッチ「オン」「オフ」とは!うまい納得の表現!また「サムシンググレート」も。心の持ちようで遺伝子にスイッチが入る。よみごたえがあり!数日かけて読み終えました満足です。文庫サイズだと持ち運びや価格面で助かるのでこちらに。今の日本社会の大人が読むといい内容だと思います。これからの健康生活(寿命)に非常に参考になりました。 著者のお仕事は!どちらかと言うと遺伝子工学を利用する立場のようなので!「心が遺伝子を変化させる」という件については!あくまでも著者の思い込み(思い入れ?)の域を出ていないと思います。 なんせ!現代医学では治らないと言われる遺伝子疾患につかまっているのですから!気持ちでDNAをいじくれるのなら!それはそれは嬉しーーい。毎日寝る前に読んでいます。 遺伝子工学に関する素人の方には、入門書としてわかりやすく、良いのではないかと思います。遺伝子について非常にわかりやすく書かれており!読みやすかったです。プレゼントなので内容はわかりませんが、発送が速くてよかったです。自己中心的な生き方では+の遺伝子はオンにならない!むしろ−の遺伝子がオンすると知っていたら社会や人はやさしく変わっていくのだと思います。一部専門系の文章は読むスピードが遅くなりますが理解しやすい内容です。これから何年生きるか判りませんが、氣を前向きにEMをも活用して、この本の趣旨を活かし、寝たきりにならないような生活を送る所存です。 本の内容として、この「心が遺伝子を変化させる」という件についての学問的な証明や解説がなされているのではないかと期待していたので、そういう意味では、かなり期待はずしでしたが、バイオテク業界の方にこういうことをマジで考えている人がいるということがわかって、収穫です。 今後著者先生やそのスタッフの方が「DNAに対する心理作用」について解明されるのを期待しています。 のだが・・・。 いずれにせよ!心に強く念じたことがDNAに伝わって!塩基配列に影響を与えることによって!細胞内のタンパク合成系が変化し!結果的に身体の異常(つまり病気)が改善すると言うシナリオは!大変魅力的であります(個人的にも)。また、科学的でありながら生命への神秘を改めて感じさせてくれる非常に高度で美しい本だと感じました。ありがとうございます。 前半は!遺伝子(というよりDNAですが)についての解りやすい解説。